最新調剤機器

よりスピーディーに、正確に、わかりやすく、皆様にお薬をお渡しするために、やすらぎ薬局の調剤室では、さまざまな最新調剤機器が活躍しています。
あまり目にすることのないこれらの機器をご紹介いたします。

 

 

分割分包機(ユヤマ)
一包化するときに活躍する機械です。
分包したお薬に皆さまのお名前や飲み方みなど印字することができる印字装置つきです。
   
軟膏練太郎
2種類以上の軟膏を混ぜ合わせるときに活躍する機械です。
従来の軟膏板とへらを使って薬剤師が混ぜ合わせる作業は
大変時間がかかり均一に混ぜ合わせるのは至難の業でした。
この「軟膏練太郎」があれば、短時間で均一に混ぜ合わされ
た光沢のある非常に美しい軟膏が作り上げられます。
商品に関する詳しい情報はこちらから
   
   
 
散剤監査機

処方どおりの散剤(粉薬)がきちんと測りとられているかどうかを、監査する機械です。ほとんどの散剤が白い粉薬ですので、分包された後のものを見ても識別ができません。そこで、このような機械(パソコン、はかり、バーコードリーダーが連動したもの)を使用して正確に散剤を計量するようにしております。

 

電子薬歴
薬剤師の作成する薬歴を紙ではなくPCで作成し保管するシステムのことです。
薬歴には主に、氏名・生年月日、アレルギー歴、嗜好品などの「患者プロフィールに関する情報」と、服薬状況、併用薬、服薬中の体調の変化などの現在行っている「薬物療法に関する情報」を記載しています。
やすらぎ薬局ではハイブリッジ社のHi-Storyを使用しています。